スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価を恐れない

5年前の本です。

ネイティブ講師の幼児英語クラスのアシスタントを

アルバイトで始めた頃、

「教える」ということを思いだすために読んだ本で思い出深いです。

斉藤教授、売れっ子最盛期だったな~。


「齋藤孝の相手を伸ばす!教え力」「齋藤孝の相手を伸ばす!教え力」
(2004/04/17)
斎藤 孝

商品詳細を見る



このなかに「評価力」という章があって

子どもの評価を避ける傾向にある現代教育であるが

評価というのは

その人自身に才能があるかないかという問いではなく

何ができて何ができていないのか、

それをはっきりさせることにより

なにがその子に必要なのかを知る作業とあります。

評価される側からすれば

「自分を評価の目にさらす勇気のある人のほうが伸びる。」

「はっきりした評価が突きつけられることによって、
かえって潔くなれるというか、目標がはっきりする。」とも。

英語学習本に必ず書いてあるのが

「すぐにでも、なにか英語関連の試験を受けて
自分の英語力を客観的にはかってみよ。」

というのがあります。

幸い英語学習においては各種試験がしょっちゅう行われているので

その気とお金があればネタはつきない。

不合格の三文字をみれば、

いくつになっても落胆はしますが

自分のできてないところを知るために

受けると思えばちょっと気は楽かも。

「たったひとつの評価が全人間的評価のように感じられてしまうのは、
評価されることに慣れていないから」

だあ~って。

慣れですね、慣れ。


励みになります!クリックよろしくお願いします。




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

     

コメント

No title

↓経験談

ある試験
受けてみたところ不合格。
自分の実力、客観的な評価を知る。
あぁ、こんなもんか~まだまだ遠いなぁ合格まで、という感覚を持つ。

そして、その後もその試験、受けることは続けるが・・・
実態は、その直前にだけ過去問解やったりして受ける。
そして、その結果はほぼ同じ(成長なし)。

しかしあるとき!
何かのきっかけがあって
勉強の仕方を工夫し、時間をかけ、試験当日の体勢までも検討し、
そして合格を得る!

パターンとして
①1回目で失敗し、2回目の試験で合格する場合
②何度も何度も試験を受けているが日の目をみない→あるきっかけで変化が生じ、合格に到達。

試験を受けたことで得たものを、如何にして次に生かすかが大事でしょうか。。。

しょうもないお話ですけど
お互いがんばりましょう!

kawahiro さん、こんばんわ~!

これ、コメント欄に投稿はもったいなくない?(笑

これをネタにエントリーしていいですか?

>しかしあるとき!

このくだり、ブレイクスルーというやつですね。

kawahiroさんなんかは、とにかく試験の数をこなしてはるので
何回もこういう経験をされてますよね。説得力ある、ある!!
私もぜひ体験してみたいです。

soy joy、おいしいんだ、明日買いにいこ!

コメントありがとうございました!

No title

「できない所を知るために問題集をやるのよ」と息子たちにも、お経のようにつぶやいています。間違い直しをしている時が、一番の勉強!!

・・・なんだけどねえv-16

ASさん、こんばんわ!

>できない所を知るために問題集をやるのよ

そうなんだよね~。
わかってるんだけど、できないとモチベが下がるンだよね~。

ASさんの、息子さんきっと優秀なんだろうな、遺伝的にも
うらやましい限りです。v-206
Secre

     
プロフィール

ジャスミン・リュー

Author:ジャスミン・リュー
京都は洛北在住

座右の銘・「柳に雪折れなし」「石の上にも三年」

最近のお気に入りの言葉は
「本当の失敗は挑戦しないこと」

寅年でいて座、ディズニーとお誕生日が一緒。両親が比較的短命だっため、人生の目標は90歳まで生きること。

今年の目標は
英検1級1次突破、多読100万語突破←多読王国 国民№17

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。