スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所から北京が見える

朝、娘が行事に参加するので京都駅まで連れていきました。

夕方まで帰ってこないので、しばし、駅ビルでカフェ勉。

「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」を

読んでいたのですが、

正直、万里の長城を見上げている気分になります。

(実際に行ったことはない)

楽観主義が私の信条ですが、これから1年、2年で

ここまで到達できるのだろうか?

そんな弱気になったとき、いつも励ましてくれる一冊があります。

10年ぐらい前、東京の半導体商社に勤めていたとき

飯田橋の日中学院で中国語の基礎を2年間学びました。

会社の帰りに週2ぐらいで通っていました。

入学してすぐ読みなさいとすすめられたのが

この本です。



台所から北京が見える―主婦にも家庭以外の人生がある (講談社プラスアルファ文庫)台所から北京が見える―主婦にも家庭以外の人生がある (講談社プラスアルファ文庫)
(1999/03)
長沢 信子

商品詳細を見る


著者の長澤信子さんは数年前に亡くなられていますが

中国語を習っておられる方なら誰でもご存知なのではないでしょうか。

主婦の語学学習の先駆者ともいえる方です。

長澤さんのすごいところは36歳から、

まったく知識のない中国語を始められ

看護師の資格をとって、学資をため、

大学を卒業、通訳ガイドもしておられました。

そんな中、妻として、母としてしっかり主婦業もこなされていた

すばらしい方です。

「36歳になった私が、新たに外国語をはじめるといったとき、

「ハダシでアルプスにのぼるようのものだ」といった人がある。

(中略)

たしかに若いにこしたことはない。

しかし、ある人がいったように、「なにもサーカスをはじめるというわけではない」のだ。

数学や科学ならいざしらず、ことばならただ覚えればよいのだ。

覚えるということは、何回もくりかえせば、自然と身につくのではないだろうか。

人が一回で覚えるところを十回するつもりなら、なんとかなると思っていた。

なにしろ時間はこれから何十年もあるのだから。」

今のようなデジタル・ガジェットが一切ない昭和40年代の話です。

そこから長澤さんの壮絶な努力がはじまります。

グータラな私にいつも喝をいれてくれる、長澤さんのきちんとした生き様。

67歳の若さでお亡くなりになった時は親戚が亡くなったような悲しみがありました。

もっと、もっとご活躍できたでしょうに。

大好きな、大事な一冊です。

     

コメント

ジャスミンさん、こんばんは!
いい本ですね~!本のタイトルも素敵。
長沢さんのこと初めて知りましたよ。カッコいいじゃないですか~!
その“ただの”言葉が覚えられないんですけどね。。。

何もサーカスをするわけではない・・・

私も喝を入れられました!
いつの時代でも、どんな条件でもやる人はやるんですね。
お互いがんばりましょうね(^-^)

Nemoさんへ

あんまり英語学習者の方には知名度が低いのかな?
本のタイトルは次男さんがつけられたそうです。
小さい頃はあんまり長澤先生が熱心に勉強されていたので
母親をとられたようで反発もあったようです。
昔の人(?)はほんまえらいですよねー。

teco. さんへ

本当にそうですよね。
やる人はやる!
私もいろんな事を
できないことの言い訳にしないというのを長澤先生から学びました。
がんばりましょう!
Secre

     
プロフィール

ジャスミン・リュー

Author:ジャスミン・リュー
京都は洛北在住

座右の銘・「柳に雪折れなし」「石の上にも三年」

最近のお気に入りの言葉は
「本当の失敗は挑戦しないこと」

寅年でいて座、ディズニーとお誕生日が一緒。両親が比較的短命だっため、人生の目標は90歳まで生きること。

今年の目標は
英検1級1次突破、多読100万語突破←多読王国 国民№17

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。